ベタ基礎の土間の厚さは15cm無いかも?本当?

家づくりで「ベタ基礎」の土間(底の部分)は、家全体の荷重を地盤に伝える重要な役割をしていますが、意外と一般素人には分からない欠陥があることをぜひチェックしていただきたいのです。それは何か?

ベタ基礎の土間の厚さは15cm

ベタ基礎の土間の厚さは15cm無いかもしれない

背系図面で指定されている土間の厚みが15cm(150mm)確保されていないといけませんが、設計図面と実際基礎工事で基礎業者が施工するコンクリートの厚みが異なるということは少なくありません。

上記写真は、工事中雨が降った場合、雨水を基礎下に抜くためにコンクリートに開けた穴です。

基礎から手抜き工事

その穴で土間の厚さを計測したところ150mmのところ130mmしかありませんでした。基礎業者は材料のコンクリートをできるだけ少なくして、利益を出そうとしているのでこういった手抜き工事が発生してしまうのです。

なぜこういった手抜き工事になるのか

建築会社、工務店などが基礎業者にまかせっきりで品質管理(検査)をしていないため、こういった手抜き工事につながってしまうのです。

こういった失敗につながらないために、大事な家を作る上で、ぜひこちらを参考になさってください。

これだけ違う!一流の現場とよくない現場 書籍

建築業界初のテキスト!これだけ違う! 一流の現場とよくない現場

品質6:現場管理力無い現場監督の問題

品質6:現場管理力無い現場監督の問題

現場品質の第6講の今回はI邸の欠陥事例その2です。現場管理力 ...
続きを読む
品質5:I邸欠陥事例契約条件破りの工務店

品質5:I邸欠陥事例契約条件破りの工務店

私、日本CS機構理事の本多民治の知り合いのI邸欠陥事例として ...
続きを読む
現場品質4:検査をぜずに済(住)む?!ズサンな住宅業界

現場品質4:検査をぜずに済(住)む?!ズサンな住宅業界

住宅現場での「品質」第4回目の今回ご紹介する内容は、本当にや ...
続きを読む